医師が開業する時に、まず必要になるのは資金です。自己資金にプラスして、いろいろな金融機関から融資を受けなければなりません。どの金融機関が頼りになるか知っておく必要があります。全ての金融機関が医師に積極的に融資してくれるわけではありません。自己資金が少ない方は特にこの点に注意しましょう。開業の場所も大切になります。人が集まるところが理想的ですが、そのような土地は競合の医療機関がすでに存在している可能性があります。競合の医療機関の現状を把握しながら、自分が開業する場所を決めましょう。駅前が一番有力な場所になりますが、あえてそんな場所はやめて、一般的でないところで医院を開くこともできます。例えば、商業施設の中は医師が開業する場所としては悪くありません。

資金の調達はやや難しい場合がある

医師が開業をする時に、資金を調達する場合は銀行に依頼することが多いです。銀行は種類によって、融資の仕方が異なっています。一般に全国規模の銀行や都市銀行は、新規の開業に積極的に融資しません。逆に地方銀行だったら、積極的に融資することがあります。もし全国規模の銀行に融資を依頼する時は、自分のこれまでの実績をアピールしましょう。例えば、自分が勤務していた病院で認知症関する治療の実績があれば、融資が可能になることがあります。銀行が難しい場合は、政府系の金融公庫に頼む方法があります。こういった期間は、無担保で開業のための融資を行ってくれます。保証人も必要ありません。利子はそれほど高くないのですが、銀行にくらべたら割高になります。この点だけがデメリットなので、融資を依頼してみる価値はあります。

開業の立地は重要なポイントになる

どこに開業するか決めるのは容易なことではありません。一番オーソドックスな場所は、駅前ですが、駅前は病院の数が多いので避けた方が良い場合があります。駅前に開業する時は、近くの病院にはない特色を打ち出す必要があります。比較的新しい立地の場所としては、商業施設の中があります。商業施設と言っても、デパートではなくて、郊外型のショッピングモールです。このような場所はいろいろなメリットがあります。駐車場を確保しやすいのもメリットの一つです。その商業施設の駐車場を利用できるので有利になります。また患者を集めやすいメリットもあります。デメリットとしては、家賃が高いことです。いくつもの病院が集まった施設に開業することもできます。この場合はその施設の中に、自分と同じ科の先生がいないことが重要です。