医師にとっても開業というのは、大きなリスクを伴うものです。競争はそれほど激しいわけではありませんから、よく考えた上で開業をすれば大きな失敗をするということはありませんが、開業をすればそれだけで儲かるという程度の気持ちであればやはり上手くは行かないものです。技術があれば患者は来てくれると思う人もいるかもしれませんが、医師としての技術と経営者としての技術は別物ですから、どれだけ優れ対しであっても開業をすれば無条件で成功をするとは限りません。そのため、開業を考えているのであれば最低限の知識は身につけて、経営者になるということも意識していかなければなりません。特に初めてのときというのはわからないことがたくさんあるわけですから、医学の勉強をするのと同じぐらいに経営の知識を身につけておく必要があります。

開業をすると年収は大幅アップする

開業をする理由というのはいくつもあることでしょうが、そのひとつに収入を増やしたいという考えを持っている人は少なくありません。人助けにお金をと考える人もいるものですが、医師になった以上は人助けをした結果として対価を受け取るというのもおかしな話ではないのです。そして、最大限に報酬をもらうのであれば開業が一番良く、平均すると勤務医の1.7倍以上の年収を手にしていることになります。これはあくまでも平均ですからそれ以上稼いでいる人もいれば、そこまで稼げていない人もいますが上手くやれば勤務医よりもずっと稼ぐことができるのです。そして、その成功率というのは普通のサラリーマンが脱サラをして起業をするよりも、ずっと成功率が高い物となっているので医師は開業しやすい職業だといえます。

何も考えずに成功するほど甘くはない

医師は開業してもかなり成功しやすい部類の職業となっていますが、それでも何の考えもなしに開業をして成功するほど甘いものでもありません。何の考えもなしに適当な場所に病院を建てて上手くいくということも、医師という職業を考えればありえない話ではありませんが、そのように安易に考えていれば失敗してしまう確率はかなりアップしてしまいます。医療に使う機器というのは非常に高額なものが多いわけですから、失敗をした時のリスクというのは非常に高い物となっているので、開業をするのであればよく考えてから行う必要があります。医学に関してはプロでも経営に関しては素人だということを理解した上で、経営のプロなどに相談をしてどのようにして経営をしていけば良いのかアドバイスを貰うと医師の開業のリスクは大幅に低下します。

日本全国の医院開業を検討されてる医師をサポート。お電話・お問い合わせフォームをご利用ください。 ウェブサイトにてクリニック開業ケースの紹介も行っております。 当社は経営可視化サービスに特化しています。 ドクターサポート会員の会員登録は無料なのでぜひお申し込みください。 各診療科目でのテナントのレイアウトの実例などをご紹介しています。 対比乖離調査のご相談もお気軽にどうぞ。医師で開業をお考えならドクターサポートへご相談を!